現在地 - a belief

目に見えないほど
大きいものや小さいものの存在
忘れないようにしたいんですけど
忘れがちですね

電子顕微鏡で見えるミクロの世界や
大気圏外の宇宙空間

私たちが普段 生活する世界は
地球の表面と大気圏の間の
せまい隙き間の部分...

そこが自分の現在地

写真で私たちの太陽系の位置がわかります (Sunの所)
直径10万光年ある銀河系の端っこ
そういう銀河系が無数にある宇宙空間...
はぁ〜 ため息がでますね

Milky_Way_Galaxy_Solar_System_Position.gif

18世紀ー19世紀の詩人 ウィリアム ブレイク
彼も見えない世界を意識した一人でしょうか。

" 一粒の砂の中に世界を見 ...
 一輪の花に天国を見る ...
 その手で無限を握りしめれば
 一瞬のうちに永遠が訪れる ..."




●● a belief ●●

If you look beyond the sky,
we see the world of galaxies and the universe.

And if you zoom in on things,
we see adams, protons...
then there's energy.

I want to stay aware of this fact,
living every day life,
that we are a part of the big picture
and, that the world that I live in
is the tiny, narrow space between
the earth ground and the atmosphere.

The image above is the galaxy
that our solar system belongs to.
As shown, we are on the edge of it ...
... this makes me forget
all the problems that I encounter...

William Blake, a poet, who lived in
the 18th -19th century
might also have been the one
who was aware of the world
surrounding us...


" To see a world in a grain of sand
 And a heaven in a wild flower
 Hold infinity in the palm of your hand
 And the eternity in an hour... "

 by William Blake








スポンサーサイト

Comment

YouTubeで
http://www.youtube.com/watch?v=20m0uljDo8M&feature=youtube_gdata_player

この映像は、想像が追いつかないほど人間の存在が小さすぎて、恐ろしくなります。
でもこの事実は、普段は綾乃さんと同じようにポジティブにとらえています。
  • 2011/06/22 02:41
  • 元彦
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。