耐用年数 - useful life


[ Wooden door of "Yumedono" of "Horyuji Temple" in Nara City : 739 A.C. ]

奈良は寺院廻りに最適な季節を迎えています。

先週、法隆寺境内のお堂に使われている木を見てふと思いました。

「木。。。死んでも役に立ってるな。 人間の死体なんの役にもたたないけど」

当たり前の事なのですが、人体の耐用年数、短か。。。と実感。
今日は休もうと思ったジョギング、やっぱりやるかな。




●● useful life ●●

"Useful life of human body is so short..."
That hit me suddenly while I was enjoying the spring sun in Horyuji Temple (739 A.C.) last weekend.

Wood used for this kind of building can last for hundreds of hundreds of years if taken care of properly. But, dead human body cannot be used for anything. Effective useful life immediately expires upon our death, and that's short.

Well, I gotta use my body well while I can.
I was gonna skip jogging tonight, but maybe I shouldn't. :(

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。