音と香りと - the sound and the scent of ancient Japan

IMG_2613_convert_20120308235037.jpg

東大寺の僧侶が人々に代わって懺悔し、天下太平、五穀豊穣、人々の幸せなどを願って祈りをささげる東大寺2月堂の修二会。752年に始まり、今年で1261回目を迎えます。祈祷を捧げる11名の僧侶のお堂入りの道明かりとしてたいまつがたかれ、お堂の周囲一体があっという間に強いお香のかおりに包まれます。

IMG_2669_convert_20120308235228.jpg

たいまつが消えると観光客は一斉にひきあげていきました。人が残りわずかになってからお堂に向かうと、奈良を見下ろす高台にたてられたお堂は冷たい空気と蝋燭の光に包まれ、さっきまでの喧騒が嘘のように物静かな山寺の様相を取り戻していました。

IMG_2671_convert_20120308235421.jpg

お堂の横の扉から小さな畳の部屋に入りました。扉が閉鎖されるとお堂の中は真暗闇。中央付近にともされた数本のローソクに映し出された僧侶の姿だけがぼんやりと浮かび上がっています。

僧侶たちの祈りの声が 低く伸びやかな音の振動として背骨に届く感覚。。。

祈りのバイブレーションとお香のかおりだけの世界。

「自分の懺悔は自分で... 」と、目を閉じました。






●● the sound and the scent of ancient Japan ●●

As I wrote in the previous journal, I failed once. But, finally I made it.

This annual ceremony dating back to 752 A.D. And it is to ask for forgiveness of our sins and to pray for peace and good harvest.

Torches lead the monks to the house of prayer. Tourists come only to see these big torches and leave right after.

I walked up to the temple and there were only few people left. I opened the wooden, charcoal-color door and entered. When the door shut, it was so dark, and the strong smell of incense filled the room.

I could only see dim candle light inside the small room afar, and the shadows of the monks chanting by the light.

The strong smell of incense and the sound vibration of chants, but not much visual…

Seemed like the thought is the only thing left for me to control. I closed my eyes and prayed for forgiveness of my lots of sins… ;)






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。